鼻の下の産毛が濃い女性が脱毛するには

鼻の下

男性であればひげが生えているというのは普通なのですが、女性であればひげが生えているとなると男性から引かれる原因にもなります。女性であっても鼻の下や口の周りにひげに相当する産毛が生えてきます。大抵の人は産毛で済んでいるのですが、ひげで悩んでいる人というのはそこに太い毛が生えてくるわけです。女性でひげで悩んでいる人は鼻下脱毛を受けることになりますが、それには注意しないといけないポイントがあります。

■鼻の下はやけどしやすい

鼻下部分というのはやけどしやすい部分ですので、光照射のパワーを落とすというのが一般的です。照射した光が唇に当たると、その刺激でヘルペスを引き起こす可能性があります。それほど鼻下脱毛というのは気を遣わないといけない場所です。

■脱毛器のヘッドは顔専用のものを使用

鼻下というのは縦2センチから4センチくらいになります。脱毛器のヘッドというのは大きければ大きいほど一度に当てられるので、施術が早く終わるという効果があります。しかし、それをそのまま鼻下に当てるとなると、唇に当たってしまう可能性があります。それでは危険なため施術できないです。

普段であれば顔専用のヘッドを使用することで鼻下にピンポイントに当てます。そうではなく、ボディと同じサイズにヘッドで照射される場合は辞めた方が賢明です。

■鼻下脱毛は期間がかかる

鼻下に生えてくるのは産毛ということもあり、効果が出るまで時間がかかることがあります。光照射の場合は毛が濃くて太い方が効果が出やすいので、産毛の場合は他の箇所に比べて効果が出にくいです。気長に通うことを前提にしたほうがいいです。

■鼻下脱毛は気をつけながら脱毛してもらうべき

C-3やキレイモのような脱毛サロンでは鼻下においても施術をしてくれます。鼻下はやけどしやすいために照射パワーを落としますし、産毛ということがありますので、どうしても効果が出るまでに時間がかかるのは仕方がないことです。

埋没毛は脱毛できるのか?

埋没毛

自分で脱毛をする場合に皮膚の中に埋まった毛を見たことがあるでしょうか。そういう毛のことを埋没毛と言います。毛抜きで抜いた場合に起こりやすく、カミソリなどで剃った場合でもできる場合があります。自己処理をすると埋没毛は出てくる問題で、自分で掻き出そうとすると余計に肌が傷ついたりします。埋没毛ができた場合に脱毛をすることはできるのでしょうか。

■埋没毛ができる原因

埋没毛ができる原因はムダ毛を自己処理した場合に皮膚が傷ついて毛穴を塞いでしまうことから起こります。毛抜きなどで強く毛を引っ張ると毛が抜けるだけでなく、皮膚がダメージを受けて炎症が起こってかさぶたができ、それによって皮膚の中に毛が埋もれてしまいます。カミソリでも同じ箇所を何度も剃ったりすると同様に起りやすくなります。

■埋没毛は抜いたほうがいいのか?

自己処理を行ってできた埋没毛は抜いたほうがいいのかというと、自然に出てくるのを待つのが一番いいです。自分で抜いてしまいたいという気持ちも分かりますが、対処の仕方を間違えると肌を傷つけるという結果になります。

埋没毛を自然に抜くためには角質を落とすタイプのスクラブで患部を洗い、入浴後にしっかりと保湿してあげることが大切です。

■脱毛サロンで脱毛を行う

埋没毛を根本的に改善するためにはC-3やキレイモなどの脱毛サロンにて脱毛を行うといいです。サロンに何回か通っていくと次第に自己処理を行う回数が減少してきますので、次第に埋没毛が抜けるという効果があります。最初はなかなか抜け落ちることはありませんが、通い続けることによって次第に抜け落ちてきます。

■埋没毛にならないためにも脱毛サロンでの施術は有効

埋没毛になる原因は自分で脱毛をした時に肌を傷つけてかさぶたができ、そこに毛が埋まるからです。肌を傷つけないためにも、埋没毛を抜くためにもC-3やキレイモなどの脱毛サロンに通って脱毛の施術を受けることは効果があります。

毛の成長サイクルを知って回数選びに役立てる

サイクル

キレイモやC-3のような脱毛サロンに行くと何回も通う必要が出てきます。それはなぜかというと、毛の生え変わりサイクルである毛周期が大きく関係してきます。今回は毛の成長サイクルを知ることによって何度も脱毛の施術をする必要があることを理解してください。

■毛周期とは何か?

毛というのは皮膚と同じように古くなると抜け、抜けてきたら新しく生え変わります。そのサイクルのことを毛周期と言います。毛周期は毛が伸び続ける期間の成長期、毛が抜け落ちるまでの期間の退行期、抜け落ちて新しい毛が誕生する休止期のサイクルを輪廻します。毛周期は適切な脱毛のタイミングを計るのに大きく役立っています。

毛周期は部位によって全然違ってきます。ワキであれば毛周期が4か月程度のサイクル、腕であれば3か月から半年ぐらいのサイクル、ビキニラインであれば1年ぐらいのサイクルです。

■成長期に合わせて脱毛を行う

脱毛サロンで脱毛をしてもらうタイミングは成長期に合わせています。成長期の毛に対してダメージを与えることにより毛を生えにくくするという効果を与えます。ただし、成長期に表に表れている毛というのは全体の1/3に過ぎず、残りの2/3は毛根部の中にあります。

そのため、毛周期に合わせて複数回施術をすることによって脱毛効果を高めていきます。毛周期に合わせて脱毛を行うため、まず1回だけで脱毛が終わることはないことが分かります。

■何回施術を受ければいいのか?

2ヶ月から3か月に一度同じ場所を脱毛をしてみて6回程度で毛が薄くなったとか、自己処理がかなり楽になったという効果を得ることができます。実際にどのくらい通うかについてはどのくらいの仕上がりを希望するかによって異なってきます。

■毛周期を気にしながら脱毛が行われる

キレイモやC-3のような脱毛サロンでは毛周期のサイクルによって脱毛する施術の頻度を決めています。同じ場所を6回施術することで脱毛の効果を得ることができますが、実際に何回通うのかはカウンセリングの時に相談してみてください。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.